ツギクルバナー

ブロント語はブロント語、お前がブロントならブロント語が分かるブログ

恐らくブロント語でブログを開設したブロンティストは自分しか居ないでだろうな。居ても生きがってるそいつを俺がギガトンパンチで殴って殺すという理屈でおれの価値は今後もさらに高くて忙しい、お前らも早く強くなっておれを休ませてくれよ。

【シーズン2】今のAPEX Legendsは神環境だと思う【オルタネーター】



 きょうきょ参戦しても死ぬやつがいると参戦する意味が無いんだがどちらにせよ倒す必要があるという理屈で勝ち負けを勝負に持ち込むのは間違い

 まあそんなことはさておき、今のシーズン2をクソだと思う人が多い。でも俺はそう思わない。

 その理由を述べていくので考えてみて欲しい

 まずアプデで変わったことと言えばまず上げられるのがエリア範囲が早く縮むようになってオルタネーターとかが壊れたという話

 そしてこれが全てと言ってもいいくらいクソ環境の原因かオルタ。

 俺は違うと思うんだがな、これは全てリスポーン含めて開発者の考えがあると思う。

 まず物資限定武器が序盤から手に入ることが出来るようになった。物資箱が落ちてくるやつで本当にスリリングなたたかいになってるとおもう(運ゲーだという気持ちも分かる)

 そして、それを奪って自分が使うように(脅威が仲間に向かないように)率先してLスターの持ち主と戦う必要が生まれた。

 そのエルスターに対抗出来る強化オルタネーターは保険として仕え、出来ればあさりの中で見つけたいのだが、エリア範囲がそれを許してくれない。

 よってそれを見つける為に戦う必要はどうしても生まれている。持ってないのは負けに直結するからな

 その直結するってのがまずいと思うだろうが、バトロワという自由度の高いゲームで拾えてないのがおかしいと思わないか。

 あまり漁れないとしても敵を倒せば60%くらいは見つけれるはずだ。

 もちろんそれでも見つけれないことはあると思う。そういう時は対戦相手じゃなくて天賦に負けただけであって別に仕方ないとかでもいいんじゃないか

 少なくとも俺はバトロワの強武器の存在理由は戦闘意欲を掻き立てることだと思う。

 オルタがないなら持ち主から奪えばいい。拾ってるなら有利だからめちゃくちゃ戦おう。

 磁石のようにオルタで結び付けられる俺達ユーザーの関係性。強さはどうであれ、これはAPEXというバトロワの理想図だと思う。

 そしてバトルに意欲がある開発陣はちょうどエリアも縮めさせて強引にも前半の漁りを制限してきた、これは意訳するなら『中盤は戦って物資を集めろ』ということでしょう

 どんなことをするにしても戦うという道を通る必要性を作りたかったのではないかと思った。

 実際数分で10チームに減るし、簡単に最終決戦と撃ち合いができて試合回転が本当に早くなってる。

 連続で滝から流れ落ちるように緊張の連打で。

 退屈感がなくてフォトナとは違ったいい意味で漁夫が殺到するゲームになったなって。向こうは遠距離砂ヘッショだからすぐ終わってダメ。


 そういうお前はキル厨なんだろ!って思うかもしれないが俺のキルレは0.6の平均ダメ200である……。

 強い奴ほど嫌いな環境って言う人が多いのかなと思った。

【新作】異世界はオレ(かわいい)だけじゃない!【小説】

 久しぶりですが小説の宣伝とかしてみる。

 内容はズバリ自分ヒロイン物で、もう一人の自分と凄まじい連携を強みに天下無双したい話です。

 学園系の話がメインになるんですが、もう一人のオレがめちゃくちゃ目立つ有能美人(つよい)で学園のヒロインに狂い咲きします。

 そして本来の俺はというと…魔力0なので魔法が使えるかどうかが人生を決められる世界で致命的なハンデを背負っています。

 なんとか入学はギリギリ出来たもののやはり嫌らしい視線はありました。

 気にもせずオレと俺が仲良くしていると悲しい事に学校で嫌われている弱い方の俺が人気者二番手に決闘を申し込まれてしまいます。

 最初の難関を最弱の彼はどうやって超えるのだろう……!?

 という話です。自分ヒロインの強みを最大限に生かしたファンタジーとなっております。

↓URL↓

https://ncode.syosetu.com/n1364fn/

シャイニーカラーズの推し子

 今週のお題「アイドルをつづる」との事なので。


 早速ではありますが、アイドルマスターというのはご存知でしょうか。

 2次元の美少女がアイドルを目指す話です。

 他のキャラゲーと違う点はなんと言っても人数は増えど掘り下げられる過去の多さだと思うんですよね。

 普通はキャラの今を教えてくれるのが基本ですが、アイマスは過去を語るキャラも多いという事。

 さて、そんなアイマスの中で新生のシャイニーカラーズというのがあるのですが。

 そこの大崎甜花ちゃんという子が好きです。

 長い赤髪を持っているので目がやや隠れちゃったり、内気なので少し小動物のような感じもあります。

 それでもみんなに言われてアイドルになってしまう流されやすさを超えた何かを持っている子です!

 手伝って貰ったらお礼をしたくなってしまう根からいい子です。

 故に一人で物事をこなすのは苦手なようですが、そこもまたよし!

 甜花ちゃんのシナリオを見ていると彼女の性格が嫌な気分をどうでもよくしてくれます。

 中身が小学生みたいに純粋なので自分が子供っぽくなってしまう感じですね、自分この程度で悩んで馬鹿だなーってなるんですよ。バカになってしまうのですが(笑)

 アイドルというよりハートのマッサージ師かも知れません。

自分ヒロインというジャンル

 このジャンル、知らない人も多いのでは?

 実際は知らないのが普通だが、存在自体はやる夫スレの2014年辺りからもうあったらしい。

 ちなみにブロントさん全盛期が2009年から2010年辺り、と言った具合でかなり古いニッチさを誇りながらTSと同等の魅力を備えているというのに全然流行ってない奇跡の化石。


 それが自分ヒロイン。


 おいィ?根本的に自分ヒロインとは何なのか?

 知らないのに意味が知っているわけではないので簡単に説明すると自分の人格が乗り移ったヒロインが居ること。

 TSで言うなら目覚めたら「自分がTSしているのではなく」隣に「勝手にTSした俺が寝転がっていた」という具合。

 自分が分身して向こうが勝手に女体化したのである……(いくえ不明)

 そしてそんなニッチなジャンルのどこがいいのか俺は言いたい。

 手始めに展開としては自分(男)と自分(女)が共依存するんだよね。

 TS分身した理由は不明で置いておくのが普通なんだけど、大体男視点で進む。

 話が進んでくると面白くなる、だんだん女の気持ちが読めなくなるんだよな、最初は双子みたいに一緒なんだけど性別も生きてる瞬間も違うから差異が生まれてくる。

 例えばゲームとか。片方がしなくなったら、いつもしている方が勝つようになる。

 女側の気持ちが読めなくなって、自分だったそれが別人のようになり、でも自分のように捉えれられなくもない存在。

 話によっては女側が男にスキンシップを測ったり、女性としての面が強化されたり。

 こんな感じで自分(変わらない俺)と自分(変わっていく私)が面白いんだよね。

 そう、両方見比べて比較が出来るんだよ。そこが最高に面白い。


「俺ならこうするのになんでこいつはしないんだろう」


「なんでしなくなったんだろう」


 普通のTSでは味わえるわけがないんだよね。特に女が男になにかしてくるのとか。

 鈍感系主人公を覚えているだろうか、それがイライラしない形で現れるというか「現れても仕方ない」みたいな。

 例えば不意に女が男の制服を抱きしめている描写がされた時、どう思うだろう?

 男がもし目撃したら「自分の制服を抱きしめてるようなもんだろ…何がしたいんだ?(固定観念による鈍感型)」とかあるかもしれない。

 逆に読者から見ればどうか? 恋心を抱いているとは見えないが何かしら女性として「メタ的に中身が自分の男相手でも、なにかしら感じるようになってきている」と感じる事も出来なくもない。

 言うなら読者はTS女が自分(男)とは言えなくなってきているのか簡単に比較出来てしまうのだ。ここが最大にして極限の魅力。

 本当に女になってしまったのならば正直抱き合っても良し、視点を男に預けられるからこそできるTSのご都合展開だよね。

 どうしてもTSを一人称でするにしても男が女になっていくのを書くのは正直難しいのだ。

 それを簡単にやって退ける方法が自分ヒロインなんだろう。

 面白いとは思わない? オススメを置いておく(これしか逆にない)から是非見てほしい

https://ncode.syosetu.com/n7754dz/

【PS4】MIXアンプの代わりになるという足音増幅器を試してみた【サウンドカード】

 みんなはAPEX、してるだろうか?

 自分はしているが、みんなマウスにだけしか見ていない。

 ハードウェアチートならコンバータだけじゃなくてミックスアンプであしおとをふやすのも立派なチートなのではないか?

 高いやつではコンバータと似たような値段を払い、ヘッドフォンをつけて本来ならps4ではできない7.1サラウンドを適用させる。

 これってチートでしょ?誰も何も言わないのはおかしくない?

 マウサーを嫌ってるコントローラーが一番嫌う理由って自分じゃ金が出せないからでしょう、コンバーターは2万とかするし。

 もし化して2万くらいのミックスアンプを買ってるのにマウサーに文句を言っているのか?

 だとしたら俺は理解に苦しむ、その金でコンバータ買えばいいのに。

 そんなの、わざわざ己をcs機に追い込んでコントローラーだから勝てないイイワケの逃げ道作ってるだけでしょう?

 もし本当にマウスを手に取って敗北を知っちぇまうのは甘っろい果実には刺激が強すぎて意識が止まる現実。

 だから心が本能にまで出しゃばって生きながらえていても本当に弱い未熟としかいえないゲーマーとしては深刻な生きた屍状態

 そうなると勝ち目はないからFPS人生はやめた方が身のためレベル。


 まあ、俺は金がないから両方なかったけど格安でとあるサウンドカードを入手してきた。


 それがこれ
f:id:toomjp05:20190512191103p:plain


f:id:toomjp05:20190512192210p:plain



 読んだ感じではゲーミングイコライザーを使えて足音を増やせるらしい。

 さらにサラウンドになるんだとよ。

 早速試した感想なんだが、サラウンドは信じない方がいいという意見で合致した。

 ゲーミングイコライザー自体は効果があると思うな、まだ聞こえる環境に慣れてないのもあるんだがよく見返してみると「ここで音聞こえ始めた」「遠くのサプライshipの音が聞こえる」といった変化が現れた。

 もっといいヘッドフォンつけたら変わるかもしれない、現状では効果はある。

 具体的に言うと敵が上にいる時の音が非常に分かりやすい。

 平面で対峙している時よりも乾いた音がするのだ。

 ただ、パスファインダーの足音とかもしっかり増えるのか疑問ではある(足音が機械なので高い音かもしれない可能性)

 そんな感じで3000なんぼで手を出したモノとしては十分な戦利品、ハードウェアチートに入ると思う。

 あとはスタヌが着けているようなイヤホンが欲しいだけだ、、でも高いな。